クレジットカードのショッピング枠で現金化する方法があると知って実際に試してみたので、その経験について紹介します。

自分はクレジットカードの現金化という言葉を、ずっとクレジットカードのキャッシング枠を使った借金のことだと思い込んでいました。

しかしショッピング枠で現金化する方法は想像とはまったく違うものだったので驚きました。

ショッピング枠を使った現金化とは、具体的にはインターネットで専門の業者に連絡するという方法になります。

普通に買い物をして商品を売るとそれが現金化になる

ショッピング枠で現金化すると言われても最初はピンと来なかったのですが、クレジットカードで買った商品を中古で売ると結果的にショッピング枠の残高が現金に変わったことになると少し考えてようやく理解することができました。

確かにこの方法であれば、商品の購入金額と販売金額がぴったり同じであれば完全な形でクレジットカード用のお金を現金として受け取ることになります。

販売金額の方が大きければ転売で利益が出ることにもなりますが、そう上手くはいかないのもわかっています。

実際に自分で商品を買って転売するとなると時間もかかってしまいますし、万が一商品がきちんと売れなかったら現金化どころか大損をするだけになります。

そういったリスクを避けて安全にショッピング枠で現金化する方法が業者に依頼することでした。

業者でのショッピング枠現金化は即日完了

ネットから申し込みをするとすぐに業者から電話がかかってきて、詳しい内容の説明を受けました。

不安も大きかったので口頭で説明が受けられるのはありがたかったです。

そのあとは指示に従ってメールで送られてきたサイトにアクセスし、クレジットカードで商品を購入して銀行口座に振り込みが来るのを待ちました。

この商品購入から現金振り込みを確認するまでの時間が一番緊張しました。

しかし実際には銀行振り込みが行われるまで数分も待たされなかったと思います。

手数料が差し引かれることもあって購入した金額と実際に現金化できた金額には少し差がありましたが、このスピードで現金化ができるなら特に問題ないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。